臭いが気になるときの絨毯クリーニング

同じ絨毯を長年使い続けていると、どうしても食べかすや湿気、ペットの粗相による臭いなどが漂ってきてしまいます。特に蒸し暑くなる夏場に多い問題で、絨毯の臭い取りの受注を受けることが多くなる時期でもあります。絨毯クリーニングには大きく分けて三つの方法があり、シャンプー洗い(合成洗剤)、ドライクリーニング、丸洗い(水)です。前者のシャンプー洗い・ドライクリーニングの方法だと、表面の汚れは落ちたように見えても、臭いは取れません。一方、後者の水を用いた丸洗いの方法は、手間はかかりますが、臭いと汚れを根こそぎ洗い流すことが可能です。こちらも洗剤は使いますが、水で細かい部分まで洗い流すので、残留洗剤は残りません。絨毯の消臭問題で悩んでいる家庭には、水で丸洗いしてくれる業者がオススメです。消臭効果のある洗剤を用い、後々まで効果が残ります。


絨毯クリーニングと害虫対策

一年を通して、最も絨毯に被害を与える害虫が増殖する時期をご存知でしょうか。それは春、特に春先です。この時期は、害虫がウール地の絨毯の繊維を食べて、虫食い状態にしてしまうことが多くなります。こういう場合、この害虫がアレルゲンになってしまうことも少なくありません。また、気分的にも虫喰いのある絨毯を使うことは好ましくありません。こういう場合は、絨毯クリーニング店で害虫を死滅させる作業を行ってもらうことが出来ます。方法は、手作業による害虫の駆除、水洗いによるクリーニング、天日&高温乾燥による衛生処理を行います。虫喰いが生じている場合には、補修箇所を指定すれば、絨毯のプロによる作業で元通りに修復してもらえます。このような状態にならないためには、日頃から湿気に気をつけることです。特に気密性の高い家では、通気性を良くするように心掛けましょう。


月に一度の絨毯クリーニング

飲食店やホテルに敷いてある絨毯。お手入れ方法はいろいろありますが、だいたいが掃除機をかけて、シミができたら濡れた雑巾で汚れを落とす。そんな感じでしょう。しかし絨毯の目の中には掃除機では取りきれない汚れや雑菌が大量にこびりついています。ハウスダストアレルギーに反応する方もいる事と思われます。そういった点を考慮して月に一度の絨毯クリーニングを実施しましょう。プロによってされるクリーニングは絨毯の毛を立て特殊な絨毯洗剤を使い掃除機をかけるように行われる事が多いですが掃除終了後も絨毯に美しい模様を見せてくれます。清潔に美しく店内を保つためには月に一度のプロ業者による絨毯クリーニングをおすすめいたします。また月に一度のクリーニングを行う事により絨毯の毛がふっくらと立ち絨毯自体の寿命はとても長くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*